老後資金、このままだと足りなくなる?

公的年金で足りるかどうか計算

老後に仕事をして収入が得られるなら、それを使って生活ができます。しかし老後に仕事ができるかどうかはわかりません。となると国から支給される公的年金を使っての生活になります。公的年金には国民年金と厚生年金保険があり、サラリーマンや公務員などは厚生年金保険が受けられます。自営業者などは国民年金だけになり、生活費ととしてはかなり少ない金額になります。厚生年金保険が受けられる人も必ずしも十分な年金が受けられるとは限りません。そこで老後資金として個人型確定拠出年金の活用を考えてみましょう。自分で拠出し自分で運用しますが、国民年金基金連合会が運営している公的に近い仕組みになります。貯蓄だけでなく、節税もできメリットは大きいです。

将来の備えをする方法の一つ

生活にはお金が必要で、お金があるかないかで生活における選択肢が変わります。沢山あれば豊かな生活ができますし、少ししか無ければ制限を受けた生活になります。高齢になってからあの時もっと節約をして貯蓄をしておけばよかったとならないよう、若いうちから一定の準備をしておきましょう。準備の仕組みとして考えたいのが個人型確定拠出年金です。銀行や証券会社などに専用の口座を作り、毎月定額を拠出していきます。運用は自分で行い、自分で必要な年金作りができます。通常の定期預金などなら、準備をしたとしても自由に引き出せてしまいます。個人型確定拠出年金は、60歳以降でないと給付が受けられません。老後までしっかり貯められるようになっています。

© Copyright Retirement Fund. All Rights Reserved.