個人型確定拠出年金、知らないの?もったいない!

老後資金の準備は考えていますか?

高齢化社会を迎え、定年後の生活が20年以上続く方が増えていくと見込まれています。そんな中で心配になるのが老後の生活資金ではないでしょうか?より安心して豊かな生活を送るために公的な年金と組み合わせて受け取れるのが個人型確定拠出年金です。
個人型確定拠出年金は、老後の資産形成法のひとつとして確定拠出年金法に基づいた私的な年金制度で、20歳以上で60歳未満のほとんどの国民が任意で加入できるものです。掛け金を拠出し自分で運用して積み立て、積み立てた金額と運用して得た利益の総額を60歳以降に受け取る仕組みです。掛け金は、加入する属性によって上限が異なりますが、下限は5千円から千円単位で選択することができ手軽に始められるのも個人型確定拠出年金の魅力です。

税制が優遇されているのが大きなメリット!

個人型確定拠出年金は、掛け金が全額所得控除の対象となるほか、運用して得た利益にも課税されません。また、受け取る時も一時金で受け取る場合には「退職所得控除」、年金として受け取る場合には「公的年金等控除」の対象となり税制が優遇されているのが大きなメリットです。
掛け金の金額は年1回変更可能で、毎月拠出する方法に加え、年単位でも拠出することができます。そのため、ボーナスなどで拠出することができ、自分の生活に無理のない金額を拠出することが可能です。
運用する金融商品は、定期預金や投資信託、保険などがありますが、元本が保証されていない金融商品もあるため、選ぶ時には複数の商品を選択するなどの工夫が必要です。
より豊かな老後のために、若いうちから準備しておける個人型確定拠出年金を活用してみませんか?

© Copyright Retirement Fund. All Rights Reserved.